3世代をつなぐ広縁 “Co.en”

石田さんのご家族は3世代の大家族。

囲碁と将棋が得意なおじいちゃんと習字の得意なおばあちゃんが母屋に暮らし、その隣で息子さんご夫婦と小学生のお孫さん兄弟が1つの敷地内で暮らしていました。

新旧家屋のつなぎ間として、かつてここには大きくて暗い水まわりと物置部屋がありました。その水まわりの老朽化に伴い、設備機器を刷新をしながら、今後の生活状況の変化(子育てや介護)にも柔軟に対応できる間取りを一緒に考えてほしいとご依頼があり、

私たちは「3世代をつなぐ広縁 “Co.en” 」をコンセプトとして暮らしの提案をしました。

 

“Co.en” は世代を超えたコミュニケーションスペース。

おじいちゃん、おばあちゃんがお孫さんと一緒に趣味を楽しんだり学びの場となる様に、

大きくて暗かった水まわり物置部屋の一部を「減築」することで、建物内に光や風を通し生活環境を根本から向上させました。そこに外と繋がる様に深い軒を出して明るく風の抜ける広縁空間を中庭に面して大きく設えました。お互いの家屋からひょこっと出てきて集まりたくなる、そんな気持ち良い場所となればと想いを込めて。

また、既存の古建具は新しい造作建具とも共存できるようにデザインの調和を行ったり、息子さんの成長記録の印が付いた柱は、お孫さんの成長と比べれる柱として再利用して見える化したり、施工途中では室内の漆喰ぬりをお孫さんたちにも一緒に手伝ってもらったりと。古い記憶の持つ「なつかしさ」を大事に計画を進めていきました。

完成した“Co.en”では3世帯がつながって笑い声が溢れるハートフルな場所となりました。

OUTLINE

PJ title

Place
Building type

Complete

Director

Designer

Construction

Photo

Co.en

香川県三豊市
個人住宅

2019.1

関 大樹

関 大樹

CUATRO

藤岡 優